男の人と女の人

換金しやすい投資マンションなら初心者でも管理しやすい

不在の自宅は貸すのがお得

ウーマン

貸し出す住まいは空っぽに

自宅の不在期間が長い転勤に合わせて、リロケーションを行う場合は、部屋の荷物の預け先を調べておきましょう。リロケーションでは自宅を空っぽにして貸すことが前提ですから、タンスやテーブルをはじめ、各種の家財道具や家電製品を運び出しておきます。トランクルームやレンタル倉庫などが最適ですので、料金なども比較しながら選んでみて下さい。また、自動車を自宅の車庫に保管している場合は、その預け先も見付けておきます。そして転勤が終わって再び自宅で住み始める時は、玄関ドアなど、住まいのカギを交換することが大切です。入居者が合いカギを作っていることも考えられますから、防犯の上の意味からも、すべてのカギを新しくしましょう。

家賃で繰り上げ返済も可能

転勤先の住居費用が会社側で負担してくれる場合は良いですが、それが自己負担で、尚且つ自宅のローンがある状態では支出が2倍になりますから、そんな状況でもリロケーションが最適です。リロケーションなら毎月賃料が入りますので、支出を抑えられます。また、転勤先の住居費用が会社持ちの場合でも、リロケーションで得られる家賃を使って、住宅ローンの繰り上げ返済に充てることもできます。、自動車を所有している場合は、任意保険の契約先に連絡を入れて、契約の一時中断を申し込みましょう。この手続きを行えば、転勤中の保険料の支払いをストップしながら、現在の等級を維持できます。リロケーションでは見落としがちなポイントですので、忘れずに手続きを済ませておきましょう。